top of page
検索
  • 執筆者の写真ryohei22

wavelength and frequency

更新日:2023年11月8日

電波は、光のように振動する電磁波の一種で、その性質は波長と周波数によって決まります。波長が長いほど周波数は低く、波長が短いほど周波数は高くなります。この原理はデジタルアートの世界においても重要な役割を果たします。

アーティストは、光や音の波長と周波数を操ることで、視覚や聴覚に訴える作品を創造します。

デジタルアートでは、光の波長を変化させることで色の表現を豊かにし、周波数の操作によって画像や映像に動きやリズムを与えます。

例えば、LED照明を使ったインスタレーションでは、異なる波長の光を組み合わせることで、幻想的な空間を作り出すことができます。また、音のデジタルアートでは、周波数の変化を利用して、聴覚に訴えるリズミカルな体験を提供します。


レーテンシー、つまり遅延は、デジタルアートにおいて特に重要な概念です。

音や光の信号が送られる際のタイムラグは、インタラクティブな作品においてユーザーの体験を大きく左右します。

たとえば、触れることで色が変わるインタラクティブな壁画では、レーテンシーが少ないほど、ユーザーは自分のアクションとアート作品の反応との間に直接的な関連性を感じることができます。


光を用いたデジタルアートでは、光の速さがレーテンシーをほぼ無視できるレベルにまで減少させます。しかし、無線通信を利用した場合、電波の伝送にはわずかながら時間がかかります。

この遅延は、特に大規模なインスタレーションやリアルタイムでのパフォーマンスアートにおいて、アーティストにとって考慮すべき要素となります。


最終的に、デジタルアートはこれらの物理的な制約を超えて、視覚的、聴覚的な驚異を創出します。

電波、波長、周波数といった概念を駆使し、アーティストはレーテンシーを計算に入れつつ、光と音の限界を押し広げることで、私たちの感覚を刺激し、新たな体験を創出するのです。




備考:人間が遅れを感じるレーテンシーのしきい値は、その遅延が生じる文脈や個人の感受性によって変わります。一般的には、遅延がどれくらいの速さで生じるかによって、それが許容可能かどうかが決まります。以下はいくつかの一般的なガイドラインです。

視覚的フィードバック: 人間は約100ミリ秒(0.1秒)未満の遅延ならほとんど気づかないとされています。この範囲のレーテンシーはほとんどの人にとって「即時」と感じられるでしょう。

オーディオフィードバック: 音の遅延に対する人間の感受性は非常に高く、音楽演奏などの文脈では、約10ミリ秒から50ミリ秒の遅延も許容されます。しかし、より長い遅延は音がズレていると感じられる可能性があります。

ゲームやインタラクティブなアプリケーション: ゲームでは、20〜50ミリ秒のレーテンシーは良好とされますが、それ以上になるとプレイヤーが不快感を感じる可能性があります。

仮想現実 (VR): VRでは特にレーテンシーが重要で、20ミリ秒以下が理想とされています。遅延がこの数値を超えると、ユーザーはめまいや不快感を覚えることがあります。

これらの数値は一般的な目安であり、アプリケーションによって許容されるレーテンシーは変わります。また、一部の人々はこれよりも短い遅延にも敏感である可能性があります。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page